2019年12月14日一覧

NO IMAGE

海外FX業者比較|テクニカル分析をする場合…。

今日この頃は、どんなFX会社も売買手数料は0円となっていますが、それに代わるものとしてスプレッドがあり、このスプレッドこそが実質的なFX会社の利益だと考えられます。スキャルピングについては、ごく短時間の値動きを何度も利用することになりますから、値動きが強いことと、「買い」と「売り」の回数がかなりの数になりますので、取引を行なう際のコストが少ない通貨ペアを手がけることが大事だと考えます。売る時と買う時の価格に一定差をつけるスプレッドは、FX会社のみならず銀行においても別の名目で導入されております。しかも驚くかと思いますが、その手数料というのがFX会社の150~200倍というところが少なくありません。システムトレードについても、新規に「買い」を入れるという状況の時に、証拠金余力が必要証拠金の額に達していない場合は、新規に取り引きすることはできないことになっています。FX取引もいろいろありますが、最も浸透している取引スタイルだと言えるのが「デイトレード」なのです。日毎得ることができる利益を着実...

NO IMAGE

海外FX ECN口座とSTP口座|テクニカル分析と呼ばれるのは…。

私の友人は主としてデイトレードで取り引きを行なってきたのですが、ここに来てより収益が期待できるスイングトレード手法を採用して売買を行なうようにしています。申し込みをする際は、FX業者の公式ホームページのFX口座開設ページを利用すれば、15~20分ほどの時間でできると思います。申し込みフォーム入力後、必要書類をFAXなどを利用して送付し審査をしてもらいます。5000米ドルを買って保有している状態のことを、「5000米ドルの買いポジションを持っている」というふうに言います。当然のことドル高に振れた時には、直ぐに売って利益を確保しなければなりません。システムトレードに関しましては、そのソフトウェアとそれを安定的に働かせるパソコンが高すぎたので、ひと昔前まではそこそこ資金的に問題のない投資プレイヤー限定で実践していたというのが実情です。金利が高く設定されている通貨だけを買って、そのまま保有し続けることでスワップポイントが与えられるので、このスワップポイントという利益をゲットする為だけにFXを行な...