2020年01月01日一覧

NO IMAGE

海外FX ECN口座とSTP口座|相場の変化も理解できていない状態での短期取引では…。

スイングトレードを行なうことにすれば、短くても数日から数週間、長期ということになると数か月という売買になる為、いつも報道されるニュースなどを基に、直近の社会状況を推測し投資することができるわけです。相場の変化も理解できていない状態での短期取引では、はっきり言って危険すぎます。何と言っても、長年の経験と知識が必須ですから、初心者の方にはスキャルピングは無理だと思います。チャートを見る際に大事になると明言されているのが、テクニカル分析なのです。こちらのサイトの中で、幾つもある分析方法を各々細部に亘って説明させて頂いております。MT4を推奨する理由の1つが、チャート画面上より即行で発注することが可能だということです。チャートをチェックしながら、そのチャート上で右クリックすれば、注文画面が開くようになっています。MT4をパソコンにセッティングして、ネットに繋げた状態で24時間稼働させておけば、目を離している間も勝手にFXトレードを完結してくれるのです。FX会社が得る利益はスプレッドが齎しているわ...

NO IMAGE

海外FX業者比較|システムトレードと申しますのは…。

FX会社が得る収益はスプレッドが齎しているのですが、例えて言えばスイスフランと日本円の取り引きをする場合、FX会社は顧客に対して、その通貨の買いと売りの為替レートを適用し、その差額を収益に計上するわけです。システムトレードと申しますのは、そのソフトウェアとそれを完璧に動かしてくれるPCが高すぎたので、かつてはそこそこお金持ちのトレーダーだけが取り組んでいました。売買する時の価格に少々の差をつけるスプレッドは、FX会社は勿論銀行においても異なる名前で導入されているのです。しかもふざけるなと言いたくなるくらいで、その手数料たるやFX会社の190~200倍というところが稀ではないという現状です。FX口座開設の申し込み手続きを終えて、審査でOKとなったら「ログインIDとパスワード」が届けられるというのが一般的な流れですが、FX会社の何社かは電話を使用して「内容確認」をします。FXでは、「外貨を売る」という状態から取引を始めることも普通にありますが、このように外貨を保有しないで「外貨を売却したまま...