2020年09月10日一覧

NO IMAGE

海外FX口座比較|買いポジションと売りポジションを一緒に有すると…。

スプレッドとは外貨を売買する時の価格差のことで、FX会社の売り上げになる売買手数料とも言えるものですが、各社のマーケット戦略に従って独自にスプレッド幅を設定しています。デイトレードに関しましては、どの通貨ペアをセレクトするかも非常に重要な課題です。はっきり言って、変動幅の大きい通貨ペアでなければ、デイトレードで儲けを出すことは不可能だと思ってください。「デモトレードをしても、実際に痛手を被ることがないので、精神的な経験を積むことは100%無理だ!」、「ご自分のお金でトレードしてこそ、初めて経験が積めることになるのだ!」と言う方も稀ではないのです。デモトレードと申しますのは、専用の通貨(仮想通貨)でトレードを経験することを言います。500万円というような、あなたが決めた仮想のお金が入ったデモ口座が作れるので、本番と同様の状態でトレード練習が可能だというわけです。「各FX会社が供するサービス内容を精査する時間を取ることができない」というような方も多々あると思います。そういった方に活用いただく...

NO IMAGE

売買する際の金額に若干の差を設けるスプレッドは…。

売買する際の金額に若干の差を設けるスプレッドは、FX会社はもとより銀行でも別の名前で存在しているのです。しかも驚くことに、その手数料たるやFX会社のおよそ200倍というところが稀ではないという現状です。MT4は現段階で最も多くの方に活用されているFX自動売買ツールだという実情もあり、自動売買プログラムのタイプが多種多様にあるのも特徴だと思われます。スキャルピングで取引をするなら、数ティックという動きでも強欲を捨て利益を手にするという考え方が必要不可欠です。「更に上がる等とは考えないこと」、「欲張ることをしないこと」が肝要になってきます。スキャルピングに関しましては、数秒~数分間の値動きを利用するものなので、値動きが確実にあることと、「買い・売り」の回数が多くなりますので、取引に必要なコストが少ない通貨ペアを扱うことが重要だと言えます。トレードの稼ぎ方として、「上下いずれかの方向に値が動く短い時間に、少額でもいいから利益を堅実に手にする」というのがスキャルピングというトレード法になります。...