2021年01月09日一覧

NO IMAGE

海外FX口座比較|MT4については…。

スプレッド(≒手数料)に関しては、株式といった金融商品と照らし合わせると超格安です。正直申し上げて、株式投資などは100万円以上の「売り・買い」をすると、1000円位は売買手数料を払わされるはずです。FX取り引きは、「ポジションを建てる⇒決済する」の繰り返しだと言うことができます。非常に単純な作業のように感じるでしょうが、ポジションを建てるタイミングや決済を実行するタイミングは、極めて難しいはずです。スイングトレードをする場合、売買画面を起ち上げていない時などに、急遽考えられないような暴落などが起きた場合に対処できるように、前もって対策を講じておかないと、大損失を被ります。売りと買いの両ポジションを同時に維持すると、為替がどっちに変動しても収益を得ることが可能だと言えますが、リスク管理という点では2倍気を遣う必要があります。デモトレードを始めるという時は、FXに欠かすことができない証拠金がデモ口座(仮想の口座)に、数十万~数百万円分仮想通貨として入金されます。スワップとは、FX取引を行な...

NO IMAGE

海外FX業者比較|スキャルピングに取り組むときは…。

FX会社を海外FX口座開設ボーナスを比較ウェブで検証比較するという場面でチェックすべきは、取引条件ということになります。FX会社によって「スワップ金利」等の条件が違っているわけですから、ご自身の考え方に沿ったFX会社を、入念に海外FX口座開設ボーナスを比較ウェブで検証比較した上でピックアップしましょう。初回入金額と申しますのは、FX口座開設が終わった後に入金しなければいけない最低必要金額を指します。最低必要金額の指定がない会社もありますが、100000円以上という様な金額指定をしているところも存在します。この頃は、いずれのFX会社も売買手数料は取りませんが、同じようなものとしてスプレッドがあり、このスプレッドこそが完全なるFX会社の収益になるのです。利益を出すには、為替レートが初めに注文した時のものよりも良い方向に変動するまで待つしかないのです。この状態を「ポジションを保有する」と言っているのです。私も総じてデイトレードで取り引きをやっていましたが、昨今はより収益が期待できるスイングトレ...