2021年01月23日一覧

NO IMAGE

海外FX ECN口座とSTP口座|スワップポイントと言いますのは…。

デイトレードに取り組む場合は、通貨ペアのセレクトもとても大事なことです。当然ですが、値の振れ幅の大きい通貨ペアを選択しないと、デイトレードで大きな収益を生み出すことは困難だと言ってもいいでしょう。スプレッドと呼ばれている“手数料”は、株式といった金融商品と比べてみても、飛んでもなく安いことがわかります。実際のところ、株式投資なんかは100万円以上の取り引きをしますと、1000円程度は売買手数料を払わされるはずです。為替の傾向も理解できていない状態での短期取引ということになれば、リスク管理もできるはずがありません。何と言っても、ある程度のテクニックと経験が不可欠なので、超ビギナーにはスキャルピングは無理があります。スキャルピングというやり方は、どちらかと言うと予想しやすい中・長期に及ぶ経済動向などは顧みず、拮抗した戦いを即効で、かつずっと繰り返すというようなものだと考えています。原則的に、本番トレード環境とデモトレード環境を対比した場合、本番のトレード環境の方が「1回のトレードあたり1ピッ...

NO IMAGE

海外FX業者比較|FXが投資家の中で爆発的に普及した要素の1つが…。

なんと1円の値幅でありましても、レバレッジが1倍なら1万円の損益なのですが、10倍の場合は10万円の損益ということになります。わかりやすく言うと「レバレッジが高くなるにつれリスクも大きくなる」のです。スプレッドと申しますのは外貨の売り値と買い値の差のことで、FX会社の利益になる売買手数料と同じようなものですが、各社のマーケット戦略に従って個別にスプレッド幅を設定しています。スプレッド(≒手数料)については、株式といった金融商品とFXアフィリエイト比較サイトでXMTRAINGアフィリエイトの概要を比較しても格安だと言えます。正直言って、株式投資の場合は100万円以上の売買をすると、1000円程度は売買手数料を支払う羽目になります。FXが投資家の中で爆発的に普及した要素の1つが、売買手数料がとても安く抑えられていることです。初めてFXをするなら、スプレッドの低いFX会社を見つけることも大切です。スキャルピング売買方法は、割りかし想定しやすい中期~長期の経済的な動向などは考えず、一か八かの戦い...